安心できる賃貸管理を実現したい|頼れるサービスがある

資産運用の成功のために

マンション

専門業者による管理

現在では多くの人が、資産運用のためにマンション経営をおこなっています。賃貸用のマンションを購入しておけば、礼金や家賃による収入で生活をすることも可能となります。そのため、定年退職後の生活のためにマンション経営を始めるという人も、少なくありません。ただし購入後には、マンション管理業務をおこなうことが必要となります。具体的には、入退去の手続きや家賃の回収といった入居者管理、そして設備の保全や修繕といった建物管理です。こういったマンション管理をしっかりとおこなっていれば、入居者が集まりやすいことから、多くの利益が期待できるようになります。つまり資産運用が成功するかどうかは、マンション管理にかかっていると言えるのです。そして昨今では、こういったマンション管理を専門業者に任せることが可能となっています。専門業者は、集客や修繕などにおける高い技術を有しているため、オーナーは安心してマンション管理を任せることができます。もちろん管理料金の支払いが必要となりますが、入居者管理も建物管理も、それぞれ家賃の3〜5%程度に設定されていることがほとんどです。つまり月々の家賃の6〜10%ほどを支払えば、専門業者に入居者も建物もしっかりと管理してもらえるということです。さらに専門業者によるマンション管理では、家賃滞納に備えた滞納保証というオプションをつけることも可能となっています。保証料として毎月の家賃の約5%を支払うことになりますが、利益の安定化につながることから、申し込むオーナーは増えています。