安心できる賃貸管理を実現したい|頼れるサービスがある

投資用マンションの選定

握手

借りたいと思う物件を探す

マンション投資においては、何よりも収益性の高い物件を選ぶことが大切です。それはすなわち空き室が少ないということです。自分がマンションを借りるのならどんな物件を選ぶかを考えてみましょう。例えば最寄り駅からの距離があります。近くに駅があると移動に便利ですし、人の行き来も多いので治安も比較的良いです。最寄り駅から徒歩で10分以内ならば魅力的に映りやすいです。最寄駅から都心の主要駅に直接行けるとセールスポイントにもなるでしょう。また近所にコンビニやスーパー、遊ぶ所が多いほうが有利です。高齢者や家族をターゲットとするなら、病院や学校の位置も要確認です。以上は周辺環境についてですが、無論マンション設備も重要です。最も重要視すべきはセキュリティがしっかりしているかです。オートロック、監視カメラやテレビ付インターホンなどがあると安心して借りられます。宅配ボックスなどもついていると喜ばれるかもしれません。また諸々の設備を管理する体制が気になります。管理人がいるか、修繕・メンテナンスを滞りなくしているかなどを調べましょう。可能ならば自分でマンションまで赴いて、設備に不備がないか見ると確実です。また今後の修繕の計画も合わせて知っておくべきです。修繕に要する金額を知ると、マンション投資の際の費用計算に活用できます。また、マンションの築年数にも関心を持ちましょう。1981年以降に建ったマンションならば、新耐震設計法に則った造りになりますので、安全性が高いと言えます。特に中古マンションを選ぶ際に注目すべき点です。以上の点は区分マンション投資、1棟マンション投資問わず重要になる項目になるので、選定の際に参考にできます。